風邪だと思っていたら副鼻腔炎

最初に、出た症状が寒気と発熱、鼻水(青っ鼻)でした。その日は祝日でしたが、休日当番の診療をしていた、すぐ近くの内科に行くと何人か患者さんが待っていました。はやりインフルエンザが流行っているのでしょうか、凄くだるそうにしている人がいます。

その後、病院で処方された漢方を何日か飲んでいたのですが、一行に改善されず。あおっぱなは出るし、だるいし、微熱(37度前後)が5日ほど続きました。3日目ぐらいから右上の奥歯が痛み、それに伴い頭痛もするほどでした。

おかしいと思いながらも微熱だから会社に行っていましたが、正直しんどすぎました。

ここでようやく、ネットで症状を全部入れて検索したら、インフルエンザが該当。少し焦りましたが、さらに調べると副鼻腔炎も同様の症状のようでした。あおっぱなと奥歯が痛いというのがまさにガッテンがいきました。

耳も詰まって聞き取りにくかったため、5日目にして耳鼻咽喉科を受診することに。耳鼻科は子供のときに中耳炎になったとき以来にいきます。受診したところは妻が子供の頃から通院している評判があり安定感があるところでしたので、すかさず駆け込みました。

ビンゴでした。医者から副鼻腔炎と診断され、かつ右側の鼻がそうだとのこと。右上奥歯が痛むのもその通りとのこと。まさかこんな風邪の症状で奥歯も痛くなるのは不思議です。幸い中耳炎にはなっておらず、またインフルエンザの検査も念のためしてもらい陰性だったのでよかったです。

どこからか菌が入ってしまったのでしょうね。大量の抗生物質を出されました。薬を飲み始めてからすぐ、怠さはとれ、熱も引きました。しばらくあおっぱなは出てましたが、だいぶ楽になりました。

ついでに医者からは、アレルギー持ちですよね。右鼻の気道が狭いのでよく詰まりやすくないですか?とのいろいろ言われ、顔面の人体標本まで出して説明してもらいました。もともとハウスダストのアレルギーがありましたが、次にアレルギー性鼻炎を発症したらまた同じ病院に掛かろうと思います。

未分類

Posted by domid