Dropbox

DropBoxの有料プランに。
つまり1TB使えるようになったんです。

とこの記事を書いている間にWordpressのバグがでてきて書きづらい。
ぐぐったら以下のページを見つける。
http://ja.forums.wordpress.org/topic/138791

IMEが勝手に確定されてしまいますね。
私の環境はwindows8 IE11 Atokですが、まさにいまこの症状が発生しますね。
しょうがないのでテキストモードで作成です。
このビジュアルモードのプラグインを仕事で使おうとしてましたが、
WP側なのかCKEditor側なのか不明ですが気をつけないといけませんね。

enchant

また間が空いてしまった。定期的にBlog書くのは難しい。

そしてゴールデウイーク最終日にenchant.js弄ってる。
今年のGWはほとんど家にいました。
以下の公式ページで使い方を勉強。
enchant.js – A simple JavaScript framework for creating games and apps.

VMのCentOS環境でチマチマ触ってました。
MacbookAirにしてからVM環境での作業が捗りますな。
CentOSとWin7,Win8入れて作業してます。
Win7からTeratermでCentOSにSSHしてVimでシコシコ。
いまだにMacのフォントになれないのでWin7メインで使ってます。

とりあえず、パズルゲーっぽいのを作ってみる。

enchant();
window.onload = function(){
    var game = new Core(320, 320);
    game.fps = 15;
    game.preload( "images/chara0.png", "images/map0.png");
    game.onload = function(){
        game.rootScene.addEventListener("enterframe", function(){
            if(game.frame % 30 == 0) {
                var bear = new Sprite(32,32);
                bear.image = game.assets["images/chara0.png"];
                bear.x = 0;
                bear.y = 0;
                bear.frame = 5;
                bear.addEventListener("enterframe", function(){
                    if(game.frame % 15 == 0)
                        if(this.y < 288)
                            this.y += 32;
                    this.frame = this.age % 2 + 6;
                });
                game.rootScene.addChild(bear);
            }
        });
    }
    game.start();
};

机上で紙にルールとか書いてアイデア捻ってみたけどまずは使ってみるところからですね。
すげぇ簡単に動かせるが、なんとかお作法がわかってきたところで睡眠の時間が来た。

Xcodeをもっと楽に

Facebookで紹介されてたのでこちらでも。
はやりemacsでもvimでもeclipseでもxcodeでもショートカット覚えると格段に楽になります。
考える時間がコードだけに専念できる気がする。

キーボードで完結!ハイスピード Xcodeコーディング
Nothing but Programming: XVimの紹介

XVimがすごいと思います。かなり快適に。Eclipseでもvimプラグイン入れてたけどやはりvi操作に慣れてるとコーディングが楽。
MacVimもインストールしてますがGUIからだとなかなか操作しにいかないですね。Terminal開いてVimコマンドの方が早い。

iOS6ファイルアップロード

iOS6で input type=”file”が使えるようになった。
内蔵の写真アプリから選択するものと、iPhone,iPadのカメラから撮影することができる。
カメラで撮影するとそのままアップロードができる。
標準では写真以外に動画のアップロードも可能になっている。
acceptオプションを使えば動画のみ画像のみとわけることができる。

accept=”image/*”で静止画のみにすることができる。
しかしimage/jpeg やimage/pngなど、特定のファイル形式の制限はできないようだ。
MacOSのSafari6だとjpegのみ選択とかできる。
この辺はiOSの仕様かな。

アップロード後、サーバサイドで画像を加工もできるがサーバ側に負荷がかかる。
そのためのJavaScriptのみでイメージ縮小をすればサーバで少しでも負荷が減らせるのではないだろうか。

また今度。

twitter4j androidで利用でエラー

androidでtwitter4jで使用してて1日ハマった。とりあえずメモです。blogの練習とプログラミング勉強用です。以下スタックトレース一部。

E/AndroidRuntime(27910): java.lang.IllegalArgumentException: Log tag “twitter4j.internal.http.HttpClientImpl” exceeds limit of 23 characters

一部のライブラリでsl4j(loggerライブラリ)を使っていると発生する。ある広告のSDKを組み込んで使っていたらそのSDK中でsl4jを利用していた。twitter4jからはcommons-loggingやsl4jがあるとどれかを使うようになっていた。原因としてはAndroidのLogクラスでtag引数は23文字より多いとダメらしい。

Log.isLoggableの引数 tagは23文字までしか受け付けない。- Kazzzの日記

解決方法としては、該当のSDKを削除またはsl4jを更新するか、Loggerを修正するか。まずは、log出力を止められないか検討。いろいろ試すが難しい。twitter4jでsetDebugEnabled(false)をするがうまくいかない。広告SDKを更新削除はできなかったのでLogger修正。?githubでソース読んだけど勉強になる。以下ソースリンク。

https://github.com/yusuke/twitter4j/blob/master/twitter4j-core/src/main/java/twitter4j/internal/logging/Logger.java

該当のコードはLogger.java。最初に実行時オプションから指定があればloggerを読むが次にsl4jを読み込むようになっている。それ以降は、commons-loggingなどをライブラリに入れていても読み込まないようになっていた。ここのsl4j読み込みの箇所をコメントアウト。

そしてビルド。mavenでした。初めて触った。職場の人に教えてもらいながら操作。ビルドや依存関係やdeployまでやってくれるのは便利そう。